「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

商売繁盛のヒント

反射神経を養う

1月4日朝、今週のズバリに「今年は大変な年」と書きました。
その日にサウジアラビアとイランが断交、また北朝鮮に核実験、株価下落とさっそく予想は的中したようです。

今はすでに戦争中です。
「イスラム国」からみればテロではなく戦争行為です。

原油価格が低迷と言いますが、ひとたびペルシア湾のタンカーが被弾したりすればたちまち原油価格は急騰するでしょう。
また地下鉄が爆破されれば、経済の混乱は必至です。
地下鉄が爆破されれば経済は混乱します。


多くの経営者を取材してきて気がつくことがあります。
それは災難や難局はかならずやってくるから、そのときに反射神経的にとっさの舵を切れるかが勝負ということです。

誰にも頼れません。
突然やってくる経営の分岐点。
進むべきか退くべきか、とっさの判断が求められる瞬間を経営者の誰もが経験しているのです。
その時どうしたらよいか、戦争の行く末はわかりません。
経営者はそれをわかったうえで、いつ何が起きてもしっかりとかじ取りをする心がまえが大切です。