「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

商売繁盛のヒント

市場縮小経済での生き残り法

昨年春くらいからの日本国内の消費の落ち込みは、日銀のマイナス金利政策などでは打開できない別の原因があると思う。
それは需要不足だ。
これまで消費をけん引してきた「GS世代」とインバウンドのうち、「GS世代」が後期高齢者に近づき、シニア消費が一巡、消費税の増税や老後への備えなどから、積極的な消費を手控え始めている。

今後人口減以上に、消費人口の減少は顕著となる。
いよいよ本格的な需要減少時代に入ったとみるべきだ。

これまで以上に機を見るに敏、の経営が求められる。
ハレの消費を確実につかむ。
大半の消費はケの消費だ。

メリハリの効いた提案をしなければならない。
これまでに不特定多数に向けたマーケティングのような手法は通じなくなっている。