「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2010年8月のバックナンバー

「内堀醸造、銀座に出店」

2010年8月31日

岐阜県に本社を置く内堀醸造は、9月11日(土)、東京銀座の三越新館開館オープンに合わせ、1階に、酢カフェ「エキスプレ・ス・東京 お酢屋銀座店」をオープンする。
東京駅構内の「グランスタ」につづく2号店となる「エキスプレ・ス」は、「酢ムリエ」の内堀光康氏がプロデュースし、飲むだけでなくフードからスイーツまで酢を使用した幅広いメニューを取りそろえたカフェとなる。

 

内堀醸造のホームページはこちら

「豪快な夏の後の気がかり」

2010年8月31日

九州に来ている。
大気が不安定で時折雷雨になるが、日中はまだまだ35度前後まであがる。
それでも昼間の九州名物クマゼミのけたたましい鳴き声は峠を越し、代わって夜のスズムシの鳴き声が涼を感じさせるようにはなっている。
稲穂も黄色く色づき始めた。心配は台風だ。
豪快な夏に豪快な台風はつきもの。南の海上で次々に台風が出来はじめている。
九州にとって気掛かりなシーズンの始まりだ。

あれから一年

2010年8月30日

ため息まじりの日々だ。
まだまだ続く残暑、うらめしく空を見上げる。
高い空。
高いと言えば円も高い。
経済弱体化のニッポンの通貨が高いわけないだろう、という一般人の感覚とは裏腹に円高は進む。
思えばちょうど一年前、月曜日の新聞には政権交代の大見だしが踊っていた。
半世紀ぶりの政権交代を新しい時代の夜明けと錯覚した人も多かった。
あれから一年。
それまで以上の混迷の中にいま私たちはいる。
政治の貧困が、経済やくらしを明らかに悪くしていることに、この国の為政者たちは何も罪の意識も感じていないのか。
デモもストライキも暴動も、ましてやクーデターの危険性も感じず、民主党というコップの中の権力闘争に明け暮れていられる政治屋ども、死ぬまでやってろ、としか言いようがない。

豊田市の「ニッポー」、防災イベント開催

2010年8月27日

豊田市にある不動産会社「ニッポー」は地域貢献活動に力を入れているが、9月11日(土)、12日(日)に地震体験会を開く。
起震装置を使って子供たちにも大地震を体験してもらい、家族で防災について話し合うきっかけ作りを提案する。

詳しくはニッポーまで   TEL.0565-36-0003 

東京にこんなところ...

2010年8月26日

「終わりの始まり」

2010年8月26日

小沢一郎氏が民主党代表選挙に出馬するという。
自らの政治資金疑惑はもちろん、大連立の画策や数々の政党を作ってはつぶし、数の論理でつねに政治の主導権を握ろうとしながら一度も政治家としてこの国をどうしたいのか語ろうとしない、もっとも民主主義には不向きな政治家の人生最後の勝負だ。
現職総理と対峙するのだからどちらが勝っても、もはや敗者は党内に留まれないだろう。
つまりこれは与党瓦解という大混沌の始まりになるとみる。
政治の不在を国民は望んでいない。
あの政権交代はなんだったのか。
こんな政治に誰がした。
指導者不在につき、いまや民主党は国をだめにした責任をとり即刻下野、解散総選挙をすべきだと考える。

 

「気分は秋」

2010年8月26日

久しぶりにフラワーアレンジメントのレッスン。
本日の作品はプリザーブドフラワーで秋を表現してみました。
一足早い秋の気分をおすそ分けします。

DVC00399_320.jpg

「風雲急」

2010年8月25日

政治も経済も台風到来だ。
民主党代表選びがどうなるか。ひとつ間違えると政権与党が割れるかもしれないという状況になってきた。為政者が権力闘争にうつつをぬかしているのを見透かしたように、円高が経済を襲っている。
どう考えてもいまの日本が買われるわけがないのに、という大方の見方とは裏腹に円が買われ続けている。
ようやく最悪期を抜けた日本経済の行く末にまた暗雲がたちこめてきた。
総理大臣と日銀総裁が話し合っても何一つ対策が出てこないという現実。
投機筋のやりたい放題に経営者は呆然とするしかない。
為替は政府や中央銀行の対策だけでコントロールできるものではない。
しかし、いま日本という国の統治能力不在が投機筋に舐められているということを認識すべきだ。
敢然と円高に立ち向かうというファィティングポーズをあらわさない政府と日銀が諸悪の根源だ。

さんわグループ、銀座初出店

2010年8月25日

「鶏三和」「さんわ」などのブランドで全国展開している「さんわグループ」の株式会社「オールドリバー」は、2010年9月11日「伊藤和四五郎商店 三越銀座店」をオープンする。
さんわグループとして初めての銀座出店となる。
伊藤和四五郎商店 銀座三越店「惣菜コーナー」では、三和の純鶏名古屋コーチン焼きとり串やお惣菜のほか、新商品「三和の純鶏名古屋コーチン釜めし」を取り扱う。
また、「精肉コーナー」では、販売ケースに氷を敷き詰め鶏肉保存に最適な環境で鮮度を保った「三和の純鶏名古屋コーチン」をはじめとした全国有名地鶏を販売する。

 

さんわグループホームページはこちら

「IKEAのこんなサービス」

2010年8月24日

暑い盛り、10時開店のIKEAに 開店前から人が入ってゆく。
不思議に思い後をついてゆくとレストランは9時半から開けているのだ。
朝食メニューもいろいろあるが、とくに10時前のお客にはドリンクバー無料のサービスを行っている。
暑いなか外で待たされるより、エアコンの効いた館内で飲み物をもらって待つ方がいいに決まっている。
他の会社も見習うべきサービスだ。

100822_093450_320.jpg

 

1  2  3  4