「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2013年2月のバックナンバー

子供向けセミナー講座など引き受けます

2013年2月27日

子供のマナー.pdf

 

~ご連絡は下記まで~

プリサージュ
ホスピタリティ エバンジェリスト 佐野 昭子

104-0061 東京都中央区銀座4丁目2-2-7F
tel.03-6712-0139/ 080-3393-9293
fax.03-6712-0238
a-sano@prisage.biz

ホームページ:http://www.prisage.net
ブログ:http://www.blogcaster.jp/akiko_sano

 

韓国経営者大会で「GS世代」について講演しました

2013年2月25日

2月21日ソウルのホテルで開かれた「第36回韓国経営者大会」で「GS世代研究会」の座長として講演し、日本経済がデフレを脱却するためには、最後の富裕層である「GS世代」向けの商品やサービスを開発し需要を切り開かなければならない、と訴えました。
この大会は韓国経営者連盟が毎年開いているもので、主要企業の経営者や政府関係者が出席するものです。
今回は私が「日本経済がデフレを克服するために」というテーマで講演の依頼を受けたもので、講演終了後多くの経営者から「既存の市場拡大では限界がある」、「中高年は欲しいものがない」という指摘は納得がいったなど多くの感想が寄せられました。

アジア各地で高齢化が進んでおり、人件費が高い韓国経済においても「GS世代」向け付加価値ビジネスの必要性は共感を持って受け入れられたようでした。

RIMG0253_1280_320.jpg

西村晃と行く「スイス銀行とヨーロッパマーケティングツアー」募集中

2013年2月22日

2013年7月22日~29日に、西村晃と行く「スイス銀行とヨーロッパマーケティングツアー」を行います。
これはクラブツーリズムとJALの協力で行うものです。

今回のツアーは研修として中味がこれまで以上に充実しているだけでなく、仲間の親睦を深める仕掛けもふんだんにいれました。
「西村海外ツアー」の決定版と言えます。
特にビジネスクラスの確保が難しく、お申し込みをいただいてからリクエストしますのでご希望の場合は早めにお願いします。

コンサルティング・エースでまとめて、クラブツーリズムに申し込みを出しますので、 あらためてクラブツーリズムからパスポート番号などの照会があります。

それではお待ち申し上げています。

 

ツアーカタログ catarogu-switzerlandtour.pdf

参加申込書 tour-form.pdf

 

「NPO法人ひき21東松山」主催、東松山夢灯路「2013スタンプラリー大会」参加申し込み受付中!

2013年2月22日

このサイトで紹介している埼玉県東松山市の「津乃国」はNPO法人ひき21東松山を組織して「夢灯路」を開催してきましたが今年は夜桜だけでなく、昼間からスタンプラリー大会なども開催することになりました。
地元東松山市や観光協会、商工会、教育委員会などの後援はもちろのこと、特別協賛のヤマト運輸、後援企業としてロッテや東芝、三越伊勢丹なども名を連ねています。

この東松山夢灯路「2013スタンプラリー大会」、ホームページからも参加申し込みできます。
http://hiki21.net/

小中学生は無料です、ただし親と同伴に限ります。
ネット申し込みにはヤマト運輸からクロネコ・シロネコのかわいらしいぬいぐるみがもれなく当たります。
非売品ですが、大人気です。
また家から遠いという方、家族で往復はバスがラクという方には、クラブツーリズムがバスツアーを募集しています。

なおクラブツーリズムのバスツアーに参加された方にも特別協賛企業ヤマト運輸がぬいぐるみを差し上げます。
マニアには数千円の価値があるレアものぬいぐるみです。

またクラブツーリズムでは「GS世代研究会」の企業が、従業員や顧客と花見ツアーを企画した場合、オリジナルツアーとしてバスチャーターの手配もしてくれます。

クラブツーリズム東京支店長、立石麻優美さんに連絡ください。
03-5323-5112

スタンプラリーリリース Release20130213②.pdf

クラブツーリズムバスツアー募集 clubtourism stamp.pdf

手にスマホ、耳に音楽、口マスク

2013年2月18日

若い人にこういう人を多く見かけるが、必ずしも若い人ばかりではない。
先日地下鉄霞が関から乗ってきた40男がこの類いで、いきなり私の横の隙間に割り込んで座り、私と向こう側に座っていた女性に体をぶつけて押しのけた。
ぶつかっても会釈のひとつもなく、手にスマホ、耳に音楽、口マスク。
私はカメラでこの男を撮影、こぶしを固めて、相手の前まで自分の顔をつけて、睨みつけた。
周囲は一触即発と、皆の視線が集まった。
こうまでされてもこの男は、私をまったく無視、次の駅で降りて行った。
皆さんはこういうときどうなさいますか?
私は絶対に見過ごすことはできません。
なにやらどこぞの国との、島を巡るせめぎあいと似たような問題を感じます。
みなさんのご意見をお待ちしています。

 

米問屋ハナノキ、福島産米の販売で 被災地支援

2013年2月13日

ハナノキのネットショップ「ハーベストシーズン」では2/4より福島県磐梯町産のひとめぼれの販売を開始いたしましたが、そのことが「福島民報」でも取り上げられました。

福島民報掲載記事 fukushimaminpou.pdf

いよいよ今週開催  「GS世代研究会」勉強会

2013年2月12日

2月15日(金)に「GS世代研究会」の勉強会が横浜ロイヤルパークホテルで開かれます。
http://www.gs-kenkyu.com

今回は300人が集まり、40のブース出展があります。
地方の活性化、こだわり商品を求める「GS世代」に商品提案をするという「GS世代研究会」の基幹行事です。

「GS世代研究会」も発足からまもなく2年、大企業と自治体を中心にした幹事、そして地方の中小企業を中心とした一般会員は200を超え、水平あるいは垂直へと連携のきずなは広がっています。
いかにお互いを仕掛けあいかませあい、ビジネスにつながるか、勉強会当日も活発な交流が行われます。

http://www.gs-kenkyu.comからもいただけます。
皆様のご入会をお待ちしています。

踊る恵方に見る恵方

2013年2月 4日

恵方の方角に向いて一言も発せず、(このあたりが何となく信憑性の演出!)太巻き寿司を一気食べすると幸せが訪れると言われている。
幸せが訪れなかったと仕掛人の関西の海苔メーカーが訴えられたという話もありません。
ワルノリで海苔とは関係ない洋菓子メーカーまで参戦、ノリノリになってきました。
正月の後の海苔の販促に冬枯れの小売りが便乗したこの商戦、予約前金なので当日雪が降っても事前に仕入れどおりに売り上げが見込めるなかなか上手い商売。
もっとも買う方だってまさか太巻き寿司食べて幸せになるなんて本気で考えている人なんかいないから消費生活相談センターの厄介になる人もいないはず。
楽しい消費を喚起したのです。
いまの消費者にもともと欲しいものなんかないという現実をよく理解した商戦と言えるでしょう。
踊る恵方に見る恵方、もちろん同じ恵方なら踊らにゃ損ということになります。

1