「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2016年6月のバックナンバー

「読書量」と言う言葉が死語になる?

2016年6月27日

初めて誰かのうちを訪ねたとき目にはいるものはなんですか?
立派な門構え、庭の木々あるいは整頓された玄関に応接間に置かれた陶磁器かもしれません。

私なら本箱に並んだ書籍にまず目が行きます。
この人がこれまでどんな本と親しんできたか、一瞬にしてわかります。
いわば一目でこの人の全人格まで掴めるような気がします。
たとえすべての本を読んでいなくても、この人がどんな本に興味があって買い集めたかを知ることは重要な人間理解の手がかりだと思います。

それは人生の積み重ねだと思うからです。
しかしいまや本は電子ブックの時代、
あるいは知識の吸収はネットでという時代になってきました。

本箱に読んだ本を積んでおくということが、片付かない無意味なことと言う価値観が広まってきているのです。

私のような人間は古い奴になりつつあるのでしょう。
しかしそう思われて結構、
新しいことがすべていいわけではありません。

自分自身書斎の本箱を日々手入れしています。

そこに人生があると思うからです。

水無月に思う

2016年6月20日


梅雨の最中に利根川水系のダムの貯水量が低下、取水制限だそうです。

水無月にまさに水がないという心配です。

去年集中豪雨で被害が出た北関東地域に今度は冬の降雪が少なかったことが原因と言いますからつくづく自然と付き合うことの難しさを感じます。

思えば昭和39年の夏の東京は水不足で大変な年でした。

ただ、その後大幅に首都圏の人口が増えたわりには、水不足はかなり改善されているように思います。

リサイクル水の活用、節水型工場の増加、もちろん相模川水系など新た水資源開発もありました。

最終的には自然頼みではあるものの、人知を尽くさなければならないことは言うまでもありません。

とくに今年の夏は猛暑が予想されています。

そして4年後のオリンピックは猛暑の真っただ中です。

前回のオリンピックが秋ではなく夏開催だったら水不足が直撃していました。

備えあれば憂いなし。

治山治水は国造りの基本です。

大事に至る前に治水と、水の確保に日ごろから気をくばってもらいたいものです。

最近周りを見回してみるとそうした基本がおろそかにされている事例が多いようにも感じられます。

基本を大切にとはあらゆることに通じる至言であることを忘れてはなりません。

マーケティングの時代の次にくるもの

2016年6月13日

時計が欲しい
洗濯機が欲しい
テレビが欲しい
クルマが欲しい
家が欲しい
昔は年齢は問わず、こうした欲しいものだらけでした。

クレジットの丸井が10か月払いの割賦商法で人気を得たのは60年代以降、
まさに欲しいものだらけだったから、収入が少なくても早く手に入れたいという人に割賦払いは受け入れられました。

しかしいまそうしたモノに対する欲求はかつてほど切実ではないようです。
もちろん衣食住が足りず困っている人はいつの世にもいるものです。

しかしその人たちに向けたビジネスを考えている人はまず考えられません。

基本的にそれは行政の仕事でしょう。

被災者に対する支援はありえますがそれはビジネスの対象ではないはずです。

ケインズ理論は需要と供給で経済を説明しましたが、需要がない時は想定していません。

欲しいものがない人になにを売るのか。

これまでは購買意欲促進はマーケティングの領域でそれなりの成果がありました。

バブル崩壊後の30年はマーケティングの時代だったと思います。

しかし高齢者中心の消費者にマーケティング手法は限界があると思います。

マーケティングの時代の次を考えておく必要性を感じます。

「りんくうタウン歩き愛です」が開催されました

2016年6月 9日

5月29日(日)に、大阪府泉佐野市にある関西国際空港の玄関口「りんくうタウン駅」に近接したりんくうタウン駅ビルをスタート地点に健康ウォーキングイベント「歩き愛です」が行われました。主催は「りんくうタウン歩き愛です実行委員会」、りんくうタウンを盛り上げる企業や地元市町及び大阪府で構成されています。

1.jpg

会場は関空島の対岸

2.jpg

受付風景

 

当日は午前9時から正午まで受付、曇天にも関わらず多くの方々が参加しました。
9か所に設置されたクイズ1問正解につきボーナス歩数1000歩が加算、実際の歩数とあわせて2万歩以上の方に優秀賞が手渡されました。
ほとんどの方が9か所のクイズが全問正解で、9000歩をボーナス加点されました。

3.jpg

楽しくウォーキング


午後3時からのお楽しみ抽選会は吉本興業のタレントが司会、多くの方が残り大盛況でした。
千代松市長も駆けつけ、賞品授与を行いました。

4.jpg

5.jpg

6.jpg

千代松市長


今回はりんくうアウトレットなど地元の商業施設も積極的に協賛、また「GS世代研究会」各社からもこれまで以上に協賛いただき、大阪初開催を盛り上げてくれました。
ご協賛いただいた賞品はすべて配らせていただきました。

7.jpg

賞品をもらう人の列、列

8.jpg

豪華賞品のラインナップ

泉佐野市はふるさと納税制度の返礼品に「歩き愛です(あるきめです)」歩数計を採用するなど熱心な取り組みをしています。イベントに限らず日常の健康ポイントなどにも「歩き愛です(あるきめです)」を活用したいとしています。

今回のイベントが大盛況のうちに終了したことを受けて、さっそく第2回の開催協議が始まりました!

7転ばず、8据え置き

2016年6月 6日


サミット・ オバマ ・消費税延期にダブル見送り ・・・・。

あわただしく、毎日安倍さん主役の政治日程が続きました。

当たってほしくない、とあえて今年のキーワードを「7転び8据え置き」と私はしていました。

つまり、野党の支持率の低さからダブル選挙を仕掛けるも、あにはからんや自民党が負ける可能性が実は高く、勝つはずの与党が予想外に大敗すると衆議院の三分の二すら失いかねず、来年の消費税引き上げ断念に追い込まれかねないというシナリオでした。

日本発の経済混乱さえ招きかねないという危惧がありました。

そういう意味で、負けて引き上げ断念ではなく、政策判断で引き上げ見送り、
高い支持率を維持できたこの2週間の政権運営は、安倍さんから見れば大変うまくいったと私は分析します。

あとは参議院選挙に決着をつけ、新体制になるはずの都政と協力して、4年後のオリンピックに専念する。

今年後半は国内はすこし落ち着き、関心はアメリカ大統領選挙に集中しそうです。

ジョーカーを引きかねないトランプ遊びが心配です。

 

1