「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

ずるい人 志のない人

2017年10月 4日

悲劇的なことは、

現状打破のアイデアを必死に考えた人を、考えようともしなかった人が、そんなアイデアはダメだと貶すことです。

そんな精神風土から進歩は生まれないのに、世の中の組織にはそんな人が数多くいるのです。

自分でリスクは背負わない。

万が一失敗すれば上司から失格の烙印を押される。それだけを恐れている臆病な人。

自分からは冒険はしない。

いまここで冒険をしなければ組織を救えないと、あえて火中の栗を拾おうとする人を、貶すことで沈みゆく大船の中での生きのこりをはかる。

そんな醜い人、

ほら、たくさんいますね。