「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

またやりやがる

2017年11月27日

マテリアルが「またやりやがる」に聞こえます。

神戸製鋼に続き、三菱マテリアルの子会社(三菱電線工業、三菱伸銅、三菱アルミニウム)が自動車や航空機向けなどに出荷した素材製品の検査データを書き換えていた問題は、出荷先が274社と広範囲に及ぶそうです。

三菱マテリアル子会社3社が扱う素材は鉄道車両や航空機、自動車などに幅広く使われており、取引先各社は不適合品の使用状況や安全性の確認に追われています。

私は神戸製鋼、日産、スバルなどで明るみに出た問題は氷山の一角、日本のサラリーマン社会の病根と指摘してきました。

また大企業だけでなく、オーナー系の中小企業ではもっと問題が隠されていると思います。

そして最近は株高傾向などと言っていますが、その仕掛人は外国人投資家だけに相次ぐ「品質偽装」が日本のものづくりへの信用低下に拍車をかけ、やがて「日本売り」につながるとみています。

英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は、航空機大手の米ボーイングと欧州エアバスも自社製品への使用状況を調査中と報じています。

日本のモノつくりは世界最高水準だとか

コンプライアンス重視とか

お客様第一主義だとか

偉そうなことを言ってきた日本企業のいい加減さを真摯に受け止めないと大変なことになります。

あくまでもこれは氷山の一角です。

日本の終わりの始まりだと私は思います。