「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

平昌五輪を巡る駆け引き

2018年1月15日

北朝鮮の平昌五輪参加が決まりました。
どうも3月18日のパラリンピック閉会までは、朝鮮半島有事はなさそう、ということになってきました。
また、アメリカは副大統領を派遣する方向ですが、
国家ドーピング問題でロシア選手団の派遣はできそうにありません。
また日本は安倍総理が、韓国との慰安婦問題で開会式出席は見送られる方向・・・・。

という具合に五輪を巡る政治の賭け引きが今回も繰り返されています。

問題は2年後です。
2020年東京五輪の年はアメリカ大統領選挙の年です。
そこまでトランプが北朝鮮に何もしないままでいるとは思えません。
彼はクリントンとオバマが北朝鮮を野放しにしてきたツケが今日のICBM開発につながったと断じ、「俺は甘やかさない」と豪語してきました。
大統領選挙劣勢の中で「北転覆カード」を切る可能性は高いと思います。
そうすると北朝鮮有事を想定した国家間での駆け引きの中で東京五輪を迎えることになります。

今回以上に外交カードとしてオリンピックが使われる可能性は大きいのではないでしょうか。