「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

バックナンバー

お先マッグロ

2017年1月11日

本当だったらもうなかったはずの築地市場の初競りがありました。

生鮮本マグロ1本の最高値は212キロの青森・大間産で、7420万円(1キロあたり35万円)だったそうです。

記録が残る1999年以降では、2013年の1億5540万円に次ぐ2番目の高値だそうです 。

ギョギョッとする値段!

といっても庶民には無縁ですが、近年は水産物の不漁で 鮮魚価格が全般に高止まりしていることのほうが切実です。

シケなどの一時的なものではなく、通年、しかも何年も高値が続いているというのはもっと構造的は要因がありそうです。

近隣諸国の需要増、潮流など自然条件の変化、漁民の減少、船舶の燃料代等の高騰などいくつもの理由が考えられます。

日本人の食生活に欠かせない水産物をどう確保してゆくか、長期的な視点で対策を考えてゆく必要があります。

獲る漁業から育てる漁業への転換は当然ですが、もっと地球視点で考えなければならないはず。

アフリカなど発展途上国の水産技術支援に力を入れ、輸入先を確保してゆくような努力を長期的な視点で進めてゆかなければなりません。


 

新元号いよいよ

2017年1月10日

産経新聞の特ダネがありました。
天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、
政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入ったというもので10日朝刊でした。
国民生活への影響を最小限とするには元日の譲位が望ましいと判断したようです。
譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告と衆参両院の論議を踏まえ、5月上旬にも国会に提出する見通しです。
譲位は「一代限り」として皇室典範改正は最小限にとどめる方向で検討を進めるそうです。

これは複数の政府関係者が明らかにしたとして報道されました。

具体的には、平成31年元日、国事行為である「剣璽等承継の儀」(三種の神器等引き継ぎ)と「即位後朝見の儀」(三権の長らの初拝謁)を宮中で行い、官房長官が速やかに新元号を発表する方向で検討しているといいます。

私は今年のキーワードとして「こてさき改革ではだめ」と表現しました。
このうち「改」が改元でした。
新年早々さっそく、これを裏打ちするニュースが出てきました。

平成は三十年。
振り返りが一つのブームをつくり、また新しい元号のもとでむかえるオリンピックは新生ニッポンの象徴になるという予想は当たりそうですね。

 

晴れ着去り 消費心理に 春遠し

2017年1月 6日

新年がスタートしました。
しかし、ビジネス街に晴れ着姿は全くと言っていいほど見かけませんでした。
これは正月の晴れ着に限ったことではないような気がします。
女性でも男性でも、あるいは若い人はもちろん中高年でも、「着飾る」という発想がなくなってきている気がします。
一億総カジュアル化というのでしょうか、ハレの日にそれなりの服装で過ごすという習慣が消えてきたと思うのです。

もちろん若い層を中心に被服費に金をかけることが難しくなっているという経済的な理由もあるかもしれません。
またシニア層になれば、もう出かける機会が限られているので敢えて被服費に大金をつぎ込む必要がなくなったという事も考えられます。
しかし、もっと日本が貧しかった時代にも日常着は節約していても、正月からは新品を下すといったメリハリがあったような気がします。お金持ちはもちろん庶民にも庶民なりの「おめかし」という発想はありました。

ファストカジュアルといった比較的安価な商品を売るアパレル店が大量に展開する時代ですが、大量安価な商品はもうみんなたくさん持っているから、店が増えるほどにはほしいものがたくさんあるわけでもありません。
かといって、高額ブランド衣料品にも手が伸びません。

今日深刻なアパレル不況は一過性のものではないという気がします。
衣料品に対する消費者意識の変化を嗅ぎ取る必要があります。
ショッピングセンターのテナントの半分は衣料雑貨店。
ここが売り上げ不振で店を締め出すと全国のショッピングセンターは空き店舗だらけになるはず。
すでに百貨店やスーパーの衣料品売り場で起きていることは、今後全国のショッピングセンターにもおよぶ可能性があると思います。

初売りの現場を歩いてこんなことを感じました。
今年も消費者の変化から目が離せません。

★ふるさとに帰って親の顔を見た方へ

2016年8月12日

里帰りして親の顔を見ながら読む本です。


介護殺人に至らないためにはどうしたらいいのだろうか。
究極的には、親を捨てることである。
そんなことを言い出せば、「人非人」であるという非難を覚悟しなければならない。
たしかに、介護が必要になった親を捨てるなどという行為は、相当に残虐なことであるように思える。
介護殺人に至った人々の場合も、介護を必要とする親が邪魔になったから殺したわけではない。
殺したくはないが、状況があまりに過酷で、生活が成り立たなくなり、精神的に追い込まれていったからこそ、やむを得ず親を殺し、その罪を背負うために自分も死のうとしたのである。
しかし、親を捨てていれば、介護殺人に至ることはない。親も人生の最後に殺されることはないし、それまで前科のいっさいない子どもが殺人者になることもないのだ。
たとえ、温情判決が出て、刑務所行きは免れたとしても、自分の親を手にかけたという事実は消えない。人生の最後まで、それを背負っていかなければならない。
ならば、親を捨てた方がいい。親もまた、捨てられることを覚悟すべきではないだろうか。

      『もう親を捨てるしかない』 島田 裕巳 著(幻冬舎新書)

 

◆体操男子、団体総合で金メダル

2016年8月10日

体操の男子団体総合決勝で日本が優勝し、金メダルを獲得しました。2004年アテネ五輪以来、3大会ぶり7度目のことです。

最近はマスメディアが視聴率稼ぎに事前にはしゃぎすぎ、必要以上に煽って前景気を盛り上げて、あたかも金メダルをみんなが獲って当然というムードを作ってしまいます。

「オリンピックだ、甲子園だ、決戦の8月」NHK営業部にはこんな文字が踊ります。

受信料集金を増やそうというNHKでさえ8月は「かきいれどき」ととらえています。

開会式の日に全国の新聞に全面広告を出してまでオリンピック放送を宣伝するんですから力の入れようは生半可じゃありませんわ。

だから金のはずが銅だったりすると、もうこれでは日本には帰れない、などと選手は泣きだす始末。

銅しようもない。

金、金、カネに目がくらんだか?

もう金色夜叉の世界ですね。

でもなんか違うと思うのは私だけでしょうか。

スポーツが商業主義に染められ、特に東京五輪もあるから余計に本当のスポーツの意味と違う方向に動き出しているのに、その一翼を担うマスコミからも批判的な意見が消えていることに疑問を持ちます。

 

 

★イチロー快挙

2016年8月 9日

マーリンズのイチロー外野手はロッキーズ戦で7回の第4打席にフェンス直撃の三塁打を放ち、メジャー史上30人目の3000安打に到達、ついに偉業を達成しました。

2ボールから左腕ラシンのカットボールを振りぬくと、大飛球がライトへ飛んだ瞬間、観客は総立ちに、ボールはフェンスを直撃しました。

イチローは一気に三塁に到達。日本記録(115本)を抜く単独1位の116本目の三塁打でもありました。

通算3000安打は、アレックス・ロドリゲスに続いてメジャー史上30人目だそうです。

米国出身者以外での達成は史上4人目で、北中米出身者以外では初の快挙です。

イチローは42歳290日での3000安打到達は史上2番目の高齢記録です。

しかしながらアメリカでのスタートが27歳と遅く、しかも日米通算ではなく、アメリカだけでの記録ですから文句のつけようがありません。

3000安打はロベルト・クレメンテと並ぶ史上29位タイの記録。28位はアル・ケーラインの3007安打ですからこれを抜くのは時間の問題でしょう。

1位はピート・ローズの4256安打。イチローは日米通算では6月15日の敵地パドレス戦ですでにローズを上回り、現在4278安打と"世界一"の記録を誇っています。

また、イチローは現役最多の507盗塁をマークしており、3000安打&500盗塁は、史上7人目。

デビューから16シーズン目での達成はピート・ローズと並んで史上最速です。

記録づくめ。

私たち日本人の誇りと言っても過言ではありません。

日本の野球のレベルの高さを知らしめたイチロー選手はオリンピックの金メダルを上回る評価を受けても当然だと思います。

 

 

★シン・ゴジラ 怖いぞー

2016年8月 8日

50年ぶりくらいでしょうか。
怪獣映画を見ました。

シン・ゴジラ

満員の観客席に夏休みの子供はいませんでした。
そしてエンドロールが消えた後、しばらく観客は立ち上がらず拍手まで起こりました。

よくできていたと思います。
単なる怪獣映画ではなく、政府の右往左往に妙なリアリティがありました。
思わず映画館からの帰り、電車が動いているか、ゴジラに踏みつぶされた町が心配になるくらいの臨場感でした。
この夏お薦めです。

 

★リオ開幕

2016年8月 7日

南米初開催の第31回夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会はマラカナン競技場で開会式を行い、4年に1度のスポーツの祭典が開幕しました。

4年後の東京五輪へ弾みをつけたい日本選手団は、国外開催で史上2番目の338選手が出場し、前回ロンドン五輪の倍となる14個の金メダル獲得を目指します。

史上最多の205カ国・地域が参加し、1万1千人を超える選手が17日間の熱戦を展開、初の難民五輪選手団も編成されました。

ロシアのドーピング問題による混乱が続き、5日は市内各地で五輪開催に反対するデモがありました。

4年後の東京のことを考えると、メダルの数よりもテロなどがなく無事に終わってほしいとただそれだけを思います。

それにしても入場行進に聖火点火、選手宣誓と鳩の放鳥、ブルーインパルスの曲芸飛行くらいしかなかった52年前の開会式と比べてショーと化した開会式。

4年後どうするんだろうと、楽しみと不安が交錯します。

★オリンピック、高校野球の陰で

2016年8月 6日

いよいよリオ五輪開幕、そして明日からは甲子園です。
念のため、プロ野球はこの期間休みではありません。
テレビ地上波でプロ野球が消えて久しいと言うのは関東の話。
要は巨人人気が下火なのです。
北海道では日本ハム、九州ではソフトバンクが燃えています。
巨人人気に頼っていたセリーグとは対極に、パリーグは東北楽天ができたことで、
北海道から九州まで球団がばらけて地域のマーケティングがやりやすくなりました。
関東でさえ千葉ロッテ、埼玉西武と、東京ではないのです。

テレビと新聞で東京発全国戦略をとった巨人にふるさとがないという皮肉な結果になっています。
セリーグでも巨人一辺倒ではなく、横浜ベイスターズや広島カープの人気は最近うなぎのぼり。
けっしてプロ野球全体が落ち込んでいるわけではありません。
中でもカープ女子と言われる広島を応援するファンの熱狂ぶりは群を抜いています。
今年はトップ独走と思いきや、この夏巨人が老舗の維持にかけて反撃を始めました。
五輪開幕、甲子園開幕の裏で、天王山の首位攻防戦。
五輪に野球復活、そして金の卵がザクザク甲子園。
国民スポーツ野球も暑い夏を迎えています。

★新内閣発足

2016年8月 5日

第3次安倍再改造内閣が発足しました。

復興相に今村雅弘・元農水副大臣(69)、地方創生相に山本幸三・元経済産業副大臣(67)を充てるなど、閣僚19人中8人が初入閣となりました。

任期延長で東京五輪まで安倍政権が続くかが、憲法改正はどうなる? そして消費税引き上げは?
今後の焦点はこんな感じでしょう。

余りにも野党が力不足、今の図式では政治状況の変化は難しいでしょう。

今後予測される対立は、若者と高齢者の対立です。

なぜお年寄りの社会保障のために若者が搾取されるのか、

特に日本では高齢者ほど現役時代に高度成長のもと、終身雇用制、年功序列賃金でいい思いをしてきたはずなのに、デフレ経済で、安定雇用もままならぬ若者が負担に苦しむ必要があるか、という対立です。

年寄りはかわいそうだから、いたわられなければならない、というこれまでの図式が崩れる社会の到来です。

果たして本当に年寄りは、歳を取っているゆえに可愛そうな存在なのか?

国民の資産の8割は50歳以上が持っています。

どんな時代にも金持ちと貧乏人はいるけれど、年齢層全体で考えれば、いたわられるべきは高齢者より若者の方ではないか。

日本国内を考えると、今後最大の対立の図式はここにあると思います。

「日本若者党」の台頭に既成政党が議席を失うという選挙結果が近い将来出る可能性は高いと思います。

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14